【セカンドライフ】集中労働型ではない、頭脳労働。デジタル時代だからこそできる、定年・早期退職後の稼ぎ方プラン12選(第4弾)【まとめ】

資金計画

定年・早期退職後の稼ぎ方プラン12選 第4弾

プラン10:データ入力の仕事

引用:求人ボックス
  • メリット:スキルがなくてもできる
  • デメリット:単純作業、納期がある

パソコンで簡単な入力ができる方であれば、性別、年齢問わず、誰でも始められます。

納期があること、単純作業ではありますが、在宅で、自分の好きな時間に、一人でできる仕事ですので、在宅ワークご希望の方には、負担なく継続できる働き方だと思います。

プラン11:リモート日本語会話教師をする

出典:Japa Talk
  • メリット:スキルがなくても始められる
  • デメリット:自己PR力が必須

海外在住の日本語学習者を対象に、マンツーマンで日本語会話をする日本語会話教師というアルバイトがあります。

性別、年齢、資格を問わず、誰でも登録して始めることができます。

登録する運営会社によって、時給などの待遇やシステムは異なりますが、相場は30分で400~800円のようです。

このようなサービスでは、学生が先生の自己PRを見て申請をするスタイルが多いので、自己紹介文では、自分の特技や特徴、経験値などをアピールできると、生徒が集まりやすいそうです。

日本語教師の資格がなくても始められますが、せっかくなら、資格取得の総合校であるヒューマンアカデミーの在宅で学べる日本語教授法講座などで、スキルを身につけると、外国人学生への自己PRにもつながり、教える者としての自信もつきます。

プラン12:在宅オペレーター

出典:コールシェア

好きな時間だけ働くことができる、在宅オペレーター運営会社コールシェアがあります。

在宅オペレーターは、スキルや資格がなくても研修や教育を受ければ、稼働することができ、好きな時間に勤務、自由な働き方をすることが可能で、シニアのワークライフバランスが取れる働き方のひとつです。

無料登録をしておけば、いつでもお仕事を始めることができます。

まとめ

1弾2弾3弾、4弾とご紹介しましたが、如何でしたでしょうか。

初めてだけど、やってみたいと思うプランはありましたか。

今までの経験を活かせると思ったプランはありましたか。

経験はないけど、見覚えがあって、なんとなくやってみたいと思うプランはありましたか。

これは適性に合うな、と思うプランはありましたか。

今回ご紹介したどのプランにおかれても共通して言えることは、デジタルワークとは、好きな時間に好きなだけ働くことができるという大きなメリットがあるということです。

好きなことが2,3個あれば、それを組み合わせて掛け持ちしてもよしだと思います。

一人一肩書の時代は終焉しました。

今は、一人複数個の肩書を持つのは当たり前、その肩書はボーダレスです。

ここで挙げたプラン以外にも、さまざまな稼ぎ方、働き方、活躍の仕方があると思いますので、自分の人生の遅咲きが見つかるまで、ここだけでもなく、他のサイトでもいろいろ検索してみてください。

今や、遅咲きの時代です。

晩成太郎
晩成太郎

この記事がお役に立てましたら、ブログ村応援お願いします。

タイトルとURLをコピーしました