【基礎英語】この発音ルールだけ抑えて、自分の英語で海外へ出てみよう!

英語

こんにちは、未だに英語で外人さんと流暢にお話しする夢を捨てていない、ウメです。

長い間にお付き合いはしてきたとはいえ、ちっとも仲良くなれないこの英語。

基本文法はどうにか理解したつもりでも、この発音がどうにもならずにひと言もしゃべれないでいる云十年。

諦めるのは簡単だけど、自分の人生のどこかで負け惜しみを感じ続けている子供っぽい英語の発音とサヨウナラを言いたい。

今や、否応なしに自宅でノマド生活を送っていることだし、そこそこ基礎英語と新たに出合いたいと踏ん張るウメの日々である、別れがあればまた新たな出会いがある数多くの経験をいかして…

ということで、英語の発音ルールについて語ります。

綺麗に発音するために知っておくこと

① 口の形の違い

まず、日本語は口の形をしっかり作らなくても発音ができる、相手に伝わるものですが、英語は、口の形、顎の下げ方、舌の使い方(位置)、声の出し方(響かせ方)があります。

日本人の口調で英語を話すと、ネイティブからすると聞き取りづらいということがおこるようです。

② 発音の違い

日本語の母音は「ア・イ・ウ・エ・オ」で、英語の母音は「a・e・i・o・u」と表記は同じであっても、発音は異なった音になります。

例えば、平仮名でさくらは「Sakura」となりますが、アルファベットで「Five」は、フィヴェ、とローマ字読みはせず、ファイブとなり、「Apple」のAをアルファベット読みにして、エイプルとは言わないということです。

③ 息のスピード

日本語の発音は、強弱ではなく、高低です。

日本語は、母音が強く、子音が弱い、平坦で抑揚がないのが特徴ですが、英語らしい発音の基本は、日本語とは真逆で、子音を強く発音し、母音は軽くささやく程度での発音であることです。

その子音の発音のコツは、息のスピードと言われています。

  • 息を速く吐き出す音:S, Z, F, V, TH, SH
  • 息を破裂させる音(破裂音):P, B, K, G, T, D, CH, J
  • 鼻と口に響かせる音:L, M, N, NG, NK
  • 変化する音:R, W, Y

④ 連音

日本語は一つ一つ発音されるのが基本ですが、二つの語が結びついて一語になる(複合語)際に、後ろの語頭の清音が濁音に変化する連音現象という連濁があるように、英語は大部分連音され、くっついて発音をします。

例えば生け花、南口、池袋、時々…

⑤ 区切り

長いセンテンスは、日本語と同じくして、意味で区切って読み、話します。

英語発音の基本ルール(フォニックス)

私たちが習ったアルファベット読み、エイ、ビー、シーではないとのことです。

A:ア
B:ブ
C:ク
D:ドゥ
E:エ
F:フ
G:グ
H:ハ
I:イ
J:ジュ
K:ク
L:ル
M:ム
N:ン
O:オ
P:プ
Q:ク
R:ル
S:ス
T:トゥ
U:ア
V:ヴ
W:ウワ
X:クス
Y:イヤ
Z:ズ

2文字を組み合わせた音のルール

英語には、2文字の組み合わせによる音のルールがありますので、ご紹介します。

1.子音+Y:dy,ty,py,ly,ny,ry (~イ)
Lady, Twenty, Happy, Italy, money, Angry, 

2.CとKがくっついた音(ク)
 Back, Kick, Sock, Lucky

3.NとGがくっついた音(ング)
 King, Long, Sing, Song

4.CとHがくっついた音(チ)
Chest, China, Chair, Chock

5.SとHがくっついた音(S)
Ship, Shop, Shadow, Shakespeare,

6.WとHがくっついた音(ウ~)
 What, Which, When, Where

7.PとHがくっついた音(フ)
 Phone, Alphabet, Pharmacy, Phase

8.TとHがくっついた音(スorズ)
ス: Bath, Think, Thank, Theater
ズ:That, Brother, Mother, the

9.母音とEの音の組み合わせ:先頭に出てくる母音は、フォニックス発音ではなく、アルファベットの読み方になる。Bike(バイク:「i」はそのままアルファベット読み(アイ)です。

10.EとRがくっついた音(アー)
Butter, Dinner, Winter, Water,

11.AとRがくっついた音(アー)
Car, Park, Arab, Arabia

12.IとRがくっついた音(アー)
Bird, Girl, First, Shirt

13.OとUがくっついた音(アウ or ア)
 アウ:Out, Cloudy, Mouse, House
 ア:Touch, Young, Country, Cousin

14.EとEがくっついた音(イー)
 See, Beef, Employee, Sleep

15.EとAがくっついた音(イー)
Tea, Beach, Read, Meal

16.OとOがくっついた音(ウ)
 Book, Cook, Good, Look

17.OとOがくっついた音(ウー)
 Room, Food, School, Moon

18.AとYがくっついた音(エイ)
Say, Saturday, Okay, Pray

19.AとIがくっついた音(エイ)
 Rain, Train, Spain, Brain

20.OとWがくっついた音(オウ)
 Window, Pillow, Glow, Rainbow

20.OとWがくっついた音(アウ)
Now, Crown, Down, Owl

21.AとLがくっついた音(オー)
 AL: Animal, Arrival, Trial,
ALL: Mall, Fall, Wall, Baseball

ウメ的に考える英語が通じない理由

日本語的組み立て

英会話で話そうとする時、文法や英単語などの知識を頭の中で総動員して英文を日本語的に組み立てて話そうとしている。

完璧主義

文法などの完璧さを求めてるのが原因で、発音まで意識することにはおよばない。

カタカナ英語

カタカナ英語では、子供英語っぽく恥ずかしいと思っている。

母音の音

母音の色々な音をクリアしていないことが、聞こえず、出せずの悪影響・悪循環になっている。

イントネーション

日本語には声調がないですが、声調がある外国語があるなか、中国語も韓国語も英語も声調があります。

つまりイントネーションがあるから、声を大きくするとケンカするように聞こえることがあります。

まとめ

正しい発音ルールさえ知っていれば、話す時に気をつけて話すことができます。

自分に特に弱いところを押さえ練習すれば、上手下手を問わず、英語で人とのコミュニケーションを楽しむことができるようです。

重要なことは、学習することが大事ではなく、恥ずかしからず話してみることだとされています。

恥は一瞬だけど乗り越えて得られる有益は大きいものであるとのこと…。

日頃、語彙を増やす時に、音声も一緒に聞いて正確な音を耳に入れ、発音とスピーキングを意識して練習すれば、どうにかなるらしいのです。

人様に言われる年齢はないけど、言われたことを素直にやってみる気になりました…。

何せ、英語に限らず外国語は耳から育つと言う話は根拠がある話だとウメこそ経験しているからです。

中国語を習いたて頃、発音練習と口の形を決める練習のためもごもご、ぶつぶつして歩いていたら子犬たちにほえられた経験があります。

子犬の目にも怪しかったのです。

怪しく思われても続けたことで、中国語の発音には自信がついているので、それを英語に活かせます。

何が何でも耳に聞こえたものを正しく聞き取る、真似、スペルアウトできるようになるに限るのだから…。

ウメ
ウメ

太郎や、かあちゃん英語でしゃべれる日を楽しみにしとってや~

タイトルとURLをコピーしました