介護保険の資格要件って?第一号とか第二号って何?【世界一やさしい介護塾】

介護塾

疑問

疑問

介護保険を受けるための資格要件ってなに?第一被保険者とか、第二被保険者って?

丸子の回答

疑問

介護保険を受けるための要件があります。いくつか要件はありますが、大まかには、65歳以上であれば第一被保険者、40歳から65歳未満であれば第二被保険者となります。つまり、介護保険は、40歳以上であれば受けることができるということです。

もう少し詳しいお話は下記に解説しています。

補足説明

介護保険は、第一被保険者と第二被保険者の2種類に分かれています。それぞれについて、対象要件、保険料の徴収方法についてかんたんに解説します。

対象要件

第一被保険者は、市町村の区域内に住所を有する65歳以上の方でかつ、要介護・要支援状態にある方が対象となります。

つまり、65歳以上の方で、介護サービスを受給したいと思う方が対象となります。

一方の第二被保険者は、市町村の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険加入者で、起因する特定疾病によって要介護・要支援状態になった方が対象となります。

つまり、40歳から65歳の方で、介護サービスを受給したい方が対象になるということです。

保険料の徴収

第一号被保険者は、年金より天引き(特別徴収)もしくは納付書による納付や口座振替(普通徴収)となり、市町村から徴収されます。

特別徴収か普通徴収になるかは、年金額が年額18万円以上であることが境目となります。

第二号被保険者は、医療保険者が医療保険料の一部として徴収します。

まとめ

以上をまとめます。

第一被保険者第二被保険者
対象者市町村の区域内に住所を有する65歳以上市町村の区域内に住所を有する
40歳以上65歳未満の医療保険加入者
サービス受給要件要介護・要支援状態にある人加齢に起因する特定疾病によって、
要介護・要支援状態になった人
保険料の徴収方法年金額が一定以上は、年金より天引き(特別徴収)。
それ以外は普通徴収にて市町村が徴収する。
医療保険者が医療保険料の一部として
徴収する。

タイトルとURLをコピーしました