【海外旅行】ノスタルジア的な国、バルト三国旅行のおすすめお土産10選【エストニア・リトアニア・ラトビア】

バルト三国お土産 世界旅行

お土産購入のために持っていくべきもの

こんにちは、遅咲きの時代、晩成太郎です。

バルト三国の旅紀行レポートに引き続き、買ってきてよかったお土産について、友蔵の意見も取り入れて10選ご紹介します。

主に、場所問わず、大型スーパーで購入できるものですので、お出かけした際には、ぜひ見つけてみてください。

冬のバルト三国への旅紀行は、こちらの記事にまとめています▼

買ってよかった!おすすめお土産10選

世界中で集められる「マグネット」

どの国へ行っても必ずあるアイテムで、低価格、かさばらないというメリットで、旅先では購入しています。

マグネットの裏に日付と場所名を書いて貼っていき、いつも眺めながら旅行の余韻を楽しめます。

これを見ながら次の目的地を選んだり…

美しくなれる神秘の粉「琥珀の粉」

ラトビア観光地「十字架の丘」のお土産ショップで、琥珀アイテムとともに琥珀の粉が売られています。

琥珀の粉は、身体を浄化する作用があり、美容にも良いという現地の言い伝えがあるとのこと、ガイドさんのお話を伺い、購入してみました。

無味無臭の粉ですが、溶けないので、ざらざらした食感があり、ヨーグルトにいれて食べました。

「十字架の丘」へ行かれた際には、チェックしてみてください。

友蔵
友蔵

わし、きれいになったかな。

リトアニア版養命酒「リガブラックバルサム」

260年以上も続く、リガ伝統薬草酒です。

17種類の薬草を含む24種類の天然成分で作られており、カクテルだけでなく、風邪薬としても用いられてきたそうです。

ラトビア版養命酒のような感じで、甘いですが、牛乳に入れると美味しくいただけます。

アルコール度数は45度とかなり強めなので、瓶のデザインもきれいなこともあり、自宅の置物になりつつあります。

これは現地のガイドさんからのイチオシでした。

リトアニアの名物菓子「シャコティス」

リトアニアとポーランドの伝統的なケーキで、バウムクーヘンに似ています。

甘めで、バームクーヘンにしては少々硬くて…口の中の水分が吸収されていく~って感じです。

有名なだけに、いろいろな場所で売られているのを見かけました。

伝統菓子なので、一度は食べてみて頂きたい味です。

見ているだけで楽しい「レース生地」

お裁縫が趣味な方にとっては、お財布が緩くなる手作り布小物屋さんがたくさんあります。

刺繍が有名であるバルト三国では、きれいなレース柄や手作りの商品に目が離せませんでした。

コスパ高すぎ「チョコレート」

1€くらいで、とっても美味しいチョコレートを買うことができます。

中でも、おすすめしたいのは、「Geisha」と「KARUNA」と「VINIUS」です。

低価格で、パッケージもきれいで、美味しくて、バルト三国帰りのお土産に、おすすめです。

美味しすぎるよ「CHOCO SHELLS」

チョコ味のコンフレークです。日本のコンフレークのように甘くなくて、ダークチョコ味がとっても美味しくて、やみつきます。

ホテルの朝食で食べたのですが、思わずの美味しさに、スーパーで友蔵が見つけてきました。

段ボールで買って帰りたい「穀物類」

ヒマワリの種、えん麦などの穀物は、重さがあるのでグラム計算しながらの買い物は必要ですが、日本で購入するよりも、はるかにお得で、空気がきれいな地域なので、食品が新鮮です。

見るたびに思い出す「地域名入りバック」

ラトビアの観光地「十字架の丘」のお土産ショップにて購入したエコバックです。

海外旅行に出てみて気づいたことですが、意外と、現地で買える地名入りグッズというものは、日本では買えない、オリジナル性が高いものが多いです。

言わなくても、気づく人は気づく、ですね、おすすめです。

日本にはない味「はちみつ」

ハチミツ、ほんっとうに、おいしいです!!

大型スーパーでは、写真にあるようなバケツ型のハチミツでもかなり得値で売られています。

ついでに、花粉も安く売られていているので、ぜひ手に入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回、ご紹介したお土産はこちらです。

  • マグネット
  • 琥珀の粉
  • リガブラックバルサム
  • シャコティス
  • レース生地
  • チョコレート
  • CHOCO SHELLS
  • 穀物類
  • 地域名入りバック
  • ハチミツ

色々ご紹介しましたが、食品は全体的にとても新鮮で、お菓子も甘すぎずで、日本人にはなじみやすい味でした。

価格も手ごろなので、宿泊地の近くにあるスーパーには、ぜひ立ち寄ってみてください。

お土産を買うためのおすすめ必須品

お土産購入を予測して、海外に出かける際には、常に「携帯用デジタルはかり」と「機内持ち込み可能な大きめの折りたたみエコバック」は持参していますが、毎回、大変助かっています。

ちなみに、私が旅行した当時、フィンエアーでは、預かり荷物一人当たり23キロまで2個まで大丈夫で、ギリギリで持って帰って来ることができました。

ご参考までに、載せておきます、お出かけのおともにおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました